日本ピアノ教育連盟全国研究大会 一日目

2013-03-27

私は、日本ピアノ教育連盟という所の正会員になっています。

そこでは年間を通して、ピアノ公開講座や、ピアノオーディション、コンクールなどがあります。
その中でも毎年楽しみにしているのが、この時期に行われる全国研究大会です。
朝から晩まで、講座やコンサートを聴く事ができるんです~(^^)
今年のテーマはショパン。(去年はブラームスでした)

一日目で特に印象的だったのは、仲道 郁代さんの講義です。

仲道さんといえば、コンサート活動以外にも、各地の小学校を訪れて音楽の楽しさを伝える活動もなさっています。
今日はその一部を実際に見せていただきました。

例えば、「音を目に見えるようにする」・・・
最初???と思いましたが、アシスタントの方が投げたボールやフラフープのいろいろな動きに合わせて仲道さんがピアノを鳴らします。
ボールの動きとピアノがぴったんこ!ボールの動きに合わせての様々な表現は映画の効果音のようです。
動きを見ながらそれに合わせた音を瞬時に出すなんてすごいです。

それから今度は、音でホームランを打ちますと、ホールの後へめがけてピアノをポーンと鳴らしました。
次はゴロ。それからフライ。とどんどん音を変えてやっていくと・・・おお~本当に音が見えてきました!
音がそっちの方へ飛んでいくのが見えるんです。
音だけでこんなに表現ができるなんて!

と、びっくりしているだけではなく、自分もたくさんの表現ができるように精進したいと思います。


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2013-2018 かなでピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com