1月, 2014年

ピアノを習うのは何歳からがちょうどいい?

2014-01-30

昨日は、3歳の男の子が体験レッスンに来てくれました。
3歳になってからまだ数か月。
年齢よりも、とてもしっかりしていて、ごあいさつもとても上手。
私の話もしっかり聞くことができます。

でもお母様が、習うのはちょっと早いでしょうか?と少しご心配していらっしゃいました。

小さなお子様をお持ちのお母様で、習い始めるタイミングについて迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

絶対音感をつけるには早い方がいいみたいだけど、でも早いとちゃんとレッスンを受けられないのでは・・・と。

例えば、同じ教材を使った場合、5歳の子が半年で終わるところを、3歳だと一年かかることがあります。
効率よく教材を進めたいとお考えの保護者の方ですと、つらく感じる事があるかもしれません。
その場合は、数がわかって、人の話を聴けて、椅子にしばらく座っていられるまで待った方が良いかもしれません。

でも、音楽は効率だけでは測れないものです。
遊びながら、リズム感、音感、手の形作りを身につけることができます。
それらをじっくりやっておくと、将来きれいにピアノを弾けるようになります。

小さなお子さんだと、眠くなったり、ぐずってしまって、レッスンが進まなくなることもあるかもしれません。
その場合、先生に申し訳ないっと心配されるお母様もいらっしゃいますが、私はじっくりお子さんに付き合います。
その子のペースがそれぞれあります。
その時間を無駄だと感じないで、見守っていただきたいなと思います。

昨日の体験レッスンでも、ピアノの中を見たり、自由にピアノを弾いたりという時間をかなりとりました。
一見無駄に見えるかもしれませんが、彼にとって始めてのピアノとの出会いを思う存分味わってほしくて、しばらく待っていました。
ピアノを見てわくわくした気持ちは、記憶のどこかに残るはずだから。
そして、お母様も全くせかさず、ゆったりと待ってくださいました。
おかげで、素晴らしい時間を過ごすことができたと思います。


Copyright© 2013-2018 かなでピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com