2019 たなばたコンサート

2019-07-06

今年もホール抽選の倍率が高く、発表会は仕方なく午前中はあきらめ午後から取れるこの日にしました。

1人2回出番があり、予定では3時間半かかるので、司会も8人の子ども達で割り振って交代でやります。

裏で司会の自主練をする男子たち(^ ^)今年もたくさんのお父様お母様に連弾でご参加いただきました。お仕事や家事育児などでお忙しい中練習していただき感謝です。中にはピアノ未経験のお母様いらっしゃり、とても緊張なさったと思いますがすてきな演奏を聴かせていただきました。パパ、ママとの後姿、なんだか胸がきゅんとしますね。七夕のうたを女子で歌う時に

みんなのお願い事も教えてもらいました。

「ピアノが上手になりますように」っていう子が多くて嬉しい♫

あっ、わたしが無理やり言わせたわけてはないですからね〜(^ ^)

舞台の飾りは可愛い風船。伴奏の保護者の方々も一緒に写真撮影。

*・゜゚・*:.。..。.:*・ .。.:*・゜゚・*

毎年何かしらのトラブルがあって焦る場面があるので、今年はゆったりできるように・・・と準備をしっかりしたつもりが・・・やはり予想外の事が起きて、会場入りから出るまではずっと気が抜けない状態。

お手伝いしてくれた娘は

「ママ、これ続けていたら早死にしそう(笑)」なんて言っていました。私も年に1回だから頑張れる訳で毎日あったら身体がもたないかな〜?

その1回を、みんなにとって最高の1日にできるようにしたいと思いやっています。

今年もまたまた反省しかありませんが、

とはいってもみんなの成長をたくさん見ることができて、私にとっては最高の一日になりました。



 

 

かなでピアノ教室・・・埼玉県所沢市松が丘1丁目

 

係募集始めました

2019-05-26

発表会に向けて少しずつ動き始めています。

ぼちぼち係活動の募集を始めました。

当教室の発表会では子供たちがピアノ弾くだけではなく司会等の係りを割り振って活動してもらいます。

いくつか目的があります。

●自分たちのコンサートだと言うことをわかってもらうため。

・・・なんだか勝手に曲を決められて、練習させられて、よくわからないまま言われた出番で弾いて・・間違えたら怒られて・・・じゃなくて、自分で決めた好きな曲を一生懸命練習して、お客様の心に届く演奏しようと意思を持って弾いてもらい、さらにはお客様に楽しんでもらおう、と思って出てもらいたいなぁという願いです。

●舞台を作っていくのは大変だと言うことをわかってもらうため。

・・・コンサートに限らずテレビ番組、お芝居、スポーツなどもそうですが、お客様としてこちら側で観るのはほんの数分だとしても、そこまでかけた時間、労力は莫大なものです。

本番当日、同じ空間にいてもあちら側と、こちら側では、うまく言えませんが何というか空気が全く違います。簡単に言うと緊張感ですね。空気に押されて、帰りたい(涙)と思いながら弾くこともあると、、経験者ならご理解いただけるかもしれませんね。

最近ではSNSで簡単に何か批判をしたりできますが、作り手の大変さを経験しておけば今後何かを観た時に、少なくとも非建設的な批判をするような人にはならないと思います。

●人前に出ることに慣れてもらうため。

・・・社会に出ると人の前でいろいろ話すことがありますよね。慣れの部分も大きいので、この大舞台でたくさん経験してもらい、やつ「あんなに大勢の前でしゃべったことがあるから大丈夫!」と地震に繋げてもらいたいです。

とは言え無理強いはしません。

やりたくない子にはお願いしないつもりで、

係、やってみない?と言う感じで話をすると、やりたい!とほとんどみんな即答してくれます。頼もしいね!

ソロ、連弾、司会、みんなで歌う歌、と4回も出番があります。結構忙しいけど、よろしくお願いします!



 

 

かなでピアノ教室・・・埼玉県所沢市松が丘1丁目

 

ピアノアドベンチャーセミナー

2019-04-23

昨年日本で導入書が発売開始になりレッスンでも使用しているピアノアドベンチャーシリーズ。

この春、レベル1が発売になり記念セミナーに足を運びました。

(写真撮影OKとのこと、太っ腹!)

最近はなかなかセミナーに行く時間が作れずオンラインで勉強していたので久々の生セミナーです(*^^*)

フェイバー先生は体調不良で来日できず、代わりの先生です。

幼児のレッスンでは一番大切なのは楽しくやる事とのメッセージにはひたすら同感。

辛くても頑張る、はもう少しだけ大きくなったらできますが、今は楽しさ優先。

ゲーム性を高めたり、毎回変化をつけたり楽しくすると、何回も弾きたくなるんですね。

レッスン時には、「5回弾くと赤ちゃんが5歳になるよぉ〜、ハイ1歳、2歳!」なんてやると乗り気になったり、まずゾウさん(フォルテ)ネズミさん(ピアノ)カタツムリ(ゆっくり)なんて変化をつけると何回も弾けたりしますので、工夫の大切さは日々実感中。

この本はかわいいピアノフレンズ(このキャラがかわいい)と一緒に楽しく本を進めていくうちに、テクニックや音楽性、分析力、読譜力や楽典の知識がついていくようにたくさんの工夫が散りばめられています。

レベル2以降は英語版をゲットしてありますが、日本語版の発売が楽しみです。



 

 

かなでピアノ教室・・・埼玉県所沢市松が丘1丁目

 

単発レッスンでした

2019-04-16

ホームページよりお問い合わせいただいた方の単発レッスンでした。

もうすぐお姉さんの結婚式があり、そこで数曲弾くということで、単発レッスンにお申し込みいただきました。

曲は一青窈さんのハナミズキ。私も大好きな曲です。

ステキなアレンジの楽譜をお持ちいただきました。

もうぼぼ弾けているので、本番に効果的演奏方法やいつも通り弾くためのコツをお伝えしました。

来週もう一回レッスンして結婚式を迎えます(^ ^)

きっとお姉さんも喜びますね。

うちも娘が2人。いつかそんな日がくるのかな〜と重ねて合わせてほんわかしました♪



 

 

かなでピアノ教室・・・埼玉県所沢市松が丘1丁目

 

どんどん教本が進む生徒さんの特徴

2019-03-26

教本の進度は、年齢、譜読み力学ぶべき内容などによって一人一人違うので人と比べるものではないですし、早ければ良い、というものではないのですが・・

教本の進みの速い生徒さんのほとんどにある特徴が見られ、これはみんなにも真似をしてほしい事なので書きます。

「いつも、あとちょっとだけ頑張る」という点です。

例えば普段の練習で、宿題プラス次の曲の1段だけすこーし練習。時間にしたら2〜3分くらいのものかもしれません。それを7日間やると一週間後には短い曲なら1曲弾けるようになったりします。

そしてレッスンで宿題プラス1曲お丸。

教本が1冊25曲あるとすると、単純計算ですが、半年前後でプラス1冊人より早く終わります。

学校の宿題や塾があってそんなには無理、という人も小さな小さなひと頑張りを続けてみてはどうでしょうか?

半年後、一年後には大きな成果になりますよ(^ ^)



 

 

かなでピアノ教室・・・埼玉県所沢市松が丘1丁目

 

Copyright© 2013-2019 かなでピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com