カテゴリー: ‘ご家庭の練習’

お家での練習、保護者の方はここを見てください

2017-11-10

レッスン中ピアノを弾く時、姿勢についてこまめにチェックします。
ご家庭でもぜひ気を付けて練習してみてください。

主なポイントは2つ。
⚫︎背筋が伸びていること
⚫︎足の裏が足台にかかとまでついていること

背筋を伸ばすのはとても大切です。
身体の軸をしっかりさせて肩の力を抜き、腕を楽に動かすと脱力が上手くいくようになり、効率良く良い音が出せるようになります。
また、姿勢が悪いと脳への栄養(酸素やブドウ糖)の供給か妨げられ集中力に影響があるそうですから勉強の時にも気を付けたいものですね。

そして足台にきちんと足を乗せるのも重要です。
足がプラプラしていると、身体が不安定になるので手首で身体を支えるようになり、手首の形が崩れてしまいます。
普段から足台を使っていないお子さんは、見てすぐわかる事があるくらい、姿勢に影響があります。

足でしっかりと身体を支え、その上に良い姿勢で上体を乗せ、腕から先を柔らかく使えているかどうか、しばしばチェックするようにしてみてください。


ご家庭での練習に効果的、if-thenルール

2017-11-09

おうちでの毎日の練習、欠かさずやるのは大変ですよね。
やる気がある日はいいのですが、いつもやる気があるわけではなく・・・

やる気がある時には自然に練習できますが、そもそも人間のやる気というのは長持ちしないものなので、やる気がない時にも練習できるシステムを作っておくのがオススメです。

その時に使えそうなのが、「if-thenルール」と呼ばれるテクニックです。「もしAをしたらBをする」というものです。というと難しそうですが、実はみなさんやっていることです。

例えば「家に帰ったら、手洗い、うがいをする」だとか
「朝ご飯を食べたらウォーキングをする事」だとか「チョコレートを食べたくなったらフルーツを食べる」などなど。

要は習慣にしたい事の前に、トリガーとなる簡単なこと(いつもやっている事がよい)をくっつけてルール化するのです。

お子さんの練習を習慣にしたかったら 「18:00になったら練習する」「遊びから帰ったらすぐ練習する」「学校の宿題をやったら」「おやつを食べたら」
と決めてしまいましょう。

私は今英語の勉強をしていて!「洗濯物をたたむ時に英語を聴く」と決めています。10〜15分程度の短い時間にはなってしまいますが、必ず毎日英語を聴くことができるのです。

新しい事を習慣にするには21日間必要、とよく言われています。ルールを紙に書いて壁に貼っておき、習慣になるまで目に入るようにしておくとより効果的です。

ダイエットしたいので「ケーキを食べたくなったら、スクワットする」って貼ろうかな?


Copyright© 2013-2018 かなでピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com