カテゴリー: ‘未分類’

2015年クリスマス会

2015-12-13

クリスマス会は毎年恒例ですが、一年おきに子どもだけの会を開催します。
普段やっている曲を、気負わずお友達と一緒に楽しく弾こう!というコンセプトです。

まずは所沢教室の子ども達が集合。
12人を引き連れて、駅までバス→電車は6駅乗りました。
みんないい子でいられるかな?とちょっと心配でしたが、うちの教室自慢の子ども達。
周りの迷惑にならないような小さめの声で、楽しくおしゃべりしています。
一応、小さなグループをいくつか作り、まとまって行動しましたが、何も言わなくても大きな子が小さな子の面倒をみてくれました。

会場に着き、大泉教室の子ども達と合流。
みんな集まると会場が熱い熱い。
冷房を入れて丁度良い位でした。

全部で19人の演奏。最後の方は幼稚園組はちょっとモソモソ動きたくなってしまったけれど、でも騒いだりせずちゃーんと最後まで聴けました。立派!

みんなでジャンケンゲームをした後は、お待ちかねのプレゼント交換。
あれれ?二個持っている人がいるぞ〜!
やり直し(*^^*)

image

そしてケーキデコ!
私の友人に焼いてもらった美味しいスポンジに、それぞれ好きな飾り付けをしていきます。

image

image

image

image

おしゃべりタイムでは、自然にピアノの周りに集まっていろんな曲を聴かせっこ。

image

さあ時間ですよ〜。
集合写真を撮りましょう。

image


レッスン室改装終わりました

2015-08-21

やっと、レッスン室の改装が終わりました。今までコンクリートの打ちっぱなしの壁だったので、音の面で、非常によろしくない部屋でした。

大きなスポンジを壁に付けたり、ピアノ内に入れる吸音シートを使ったりいろいろ試しましたが、効果はイマイチ。早く何とかせねば、と常々焦っていました。

 

今回、改装工事を担当してくださったのは調律師さんからご紹介いただいた、うちの近くの大工さんKさん。

 

 

image

今まではこんな感じで、ちょっと見た目も寒々しい。

 

 

 

 

 

仕上がり↓

 

image

7畳の部屋にグランドとアップライトが置いてあり、とても作業しづらかったと思いますが、全て一人で動かして

天井、壁、床とも仕上げでくださいました。

お盆の間にも黙々と作業していただき、予定より早く工事が終了。

暖かみのあるレッスン室に仕上げていただきました。

音も想像以上に良くなりました。

良く音楽室にある、穴の間壁を使い、そこに硬めの木を少しずつ貼る事で、吸音と反響のバランスを取っているそうです。

ますますピアノを弾くのが楽しくなりました。

 

後から聞いたのですが、Kさんはあの武満徹さんのご自宅も手掛けたそうで、そんな方にやっていただき、有難や〜。レッスン頑張ります。

うちの娘も、やたらとレッスン室に入るようになり、なぜか勉強までそこでやっています(*^^*)

 

 

 

 


庭にカブトムシ

2015-07-22

我が家の娘達が小さい頃、習い事に付き添っていった時の待ち時間が、とても大切な時間でした。

プールでバシャバシャしているのを見ながらのんびりする。
ピアノの音を聴きながら、明日のスケジュールを確認する。

子どもの成長を見ながら、忙しい日々の中でホッとできるひととき。

うちに来る保護者の方の方にも、ほっと一息ついてほしいなあ、と待合室(といっても、ただの廊下というか玄関というか)にお茶を用意してお待ちしております。

その椅子から見える風景。
秋バージョン。

さて、待合室から見える樹に、何とカブトムシが4匹も!
お隣の男の子にもプレゼントしましたが、まだ残っています。
見つけた方は取っていってくださーい(^o^)/
image
下の方にいますが、見えるかな??


ピアノを習うのは何歳からがちょうどいい?

2014-01-30

昨日は、3歳の男の子が体験レッスンに来てくれました。
3歳になってからまだ数か月。
年齢よりも、とてもしっかりしていて、ごあいさつもとても上手。
私の話もしっかり聞くことができます。

でもお母様が、習うのはちょっと早いでしょうか?と少しご心配していらっしゃいました。

小さなお子様をお持ちのお母様で、習い始めるタイミングについて迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

絶対音感をつけるには早い方がいいみたいだけど、でも早いとちゃんとレッスンを受けられないのでは・・・と。

例えば、同じ教材を使った場合、5歳の子が半年で終わるところを、3歳だと一年かかることがあります。
効率よく教材を進めたいとお考えの保護者の方ですと、つらく感じる事があるかもしれません。
その場合は、数がわかって、人の話を聴けて、椅子にしばらく座っていられるまで待った方が良いかもしれません。

でも、音楽は効率だけでは測れないものです。
遊びながら、リズム感、音感、手の形作りを身につけることができます。
それらをじっくりやっておくと、将来きれいにピアノを弾けるようになります。

小さなお子さんだと、眠くなったり、ぐずってしまって、レッスンが進まなくなることもあるかもしれません。
その場合、先生に申し訳ないっと心配されるお母様もいらっしゃいますが、私はじっくりお子さんに付き合います。
その子のペースがそれぞれあります。
その時間を無駄だと感じないで、見守っていただきたいなと思います。

昨日の体験レッスンでも、ピアノの中を見たり、自由にピアノを弾いたりという時間をかなりとりました。
一見無駄に見えるかもしれませんが、彼にとって始めてのピアノとの出会いを思う存分味わってほしくて、しばらく待っていました。
ピアノを見てわくわくした気持ちは、記憶のどこかに残るはずだから。
そして、お母様も全くせかさず、ゆったりと待ってくださいました。
おかげで、素晴らしい時間を過ごすことができたと思います。


どんな色で自分を満たす?

2013-11-10

想像してみてください。
自分の中に透明なガラスの入れ物があります。

きれいな音楽を聴いたら、きれいな色の小さなかたまりが、コロンとその中に入る。
ピアノの練習の時に、優しい音を出そうと頑張ったら、かわいいパステルカラーのかたまりがコロリン。
きれいな夕焼けを見て感動してコロン。

入れ物はなかなかいっぱいにならないけれど、少しずつきれいな色であなたの器が満たされていく。
いつか入れ物がいっぱいになった時、とてもきれいな色になっているでしょう。

ちょっとだからいいや、って濁ったかたまりをゴロンと入れているうちに、だんだん濁ってしまう。

あなたが今日入れた小さな努力のきれいなかたまり。
その一つでは器はいっぱいにならないけれど、確実にあなたを作っていっているから大丈夫。


« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013-2020 かなでピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com